外国の貨幣と古銭買取りについて

   

人から譲り受けた古銭を処分したい場合には、貨幣に記載されている額面を見る事で、おおよその価値が解ります。

例えば、10円硬貨の場合の価値は10円であり、これを専門のお店に持って行けば10円前後の値段で買取りをして貰えると言う事が解るわけです。

しかし、外国の古銭と言うのは、額面を見ただけでは価値がどの程度在るのかと言う事が解り難いものです。

尚、古銭の価値は額面とイコールではなく、額面を大きく下回る事もあれば、大きく上回る事も在ります。

これは古銭の特徴でもある希少価値、骨董としての価値の有無によるもので、同じ額面の10円玉でも発行枚数が少ない時代に流通されていたものは希少価値が高くなり、発行枚数が多い時代に流通されていたものは希少性が薄いため、額面を下回る事も在ります。

日本の古銭等の場合は貨幣カタログを利用する事でおおよその価値を知ることが出来ますが、外国の場合は貨幣カタログと言っても様々な国の貨幣が在る為、カタログで調べると言っても対象国のカタログが必要になってくるわけです。

最近は中国の古銭などに人気が集まっていると言われており、中国古銭等のカタログは古銭買取りなどの専門店などでも入手が可能ですが、外国と言う観点に置いてのカタログは高価だと言われています。

人から譲り受けた古銭や記念コインの価値を知りたい場合、それが外国の古銭や記念コインの場合では予測もつかないと言う人は多いものです。

日本のものであれば、円などの通貨単位は馴染みが在りますので、50円の額面であれば取りあえず50円の価値が在る古銭や記念コインであることが解ります。

しかし、外国には色々な国が在り、それぞれの国では異なる通貨単位が利用されているため、想像も出来ない事になります。

尚、「古銭(日本・海外)記念硬貨」を参考にして頂ければ、外国の古銭や記念コインの価値を知る方法や処分するための方法などを知る事が出来ます。

日本の古銭等の場合は、貨幣カタログを利用する事で所有している古銭や譲り受けた記念コインなどの価値を知ることが出来ます。

外国の場合は、古銭買取りの専門のお店などに査定を依頼する方法や、インターネットを利用して専門店での販売価格をチェックし、おおよその価値を知ることが大切です。

また、専門店でも二束三文程度にしかならない外国の古銭や記念コインなどはインターネットオークションがお勧めです。

お店で購入するよりも安いと言う事からも、コレクションをしている人がオークションを利用する事が多いため入札された金額が高くなる事も在ります。

 - 古銭 , ,